農薬「アミスルブロム」等の残留基準値の設定等が行われました。(2023.10.18)

掲載日: 2023年12月21日 /提供:中央法規出版株式会社

  • 有料広告Square2024年5月20日~6月19日
  • bnr_kikaku_300_seller.png 汎用

 令和5年10月18日に「食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件」(厚生労働省告示第290号)が告示され、農薬等の残留基準値の設定等が行われました。

<主な改正内容>
1 以下の農薬等について、食品中の残留基準値が設定されました。
 ●農薬
 アミスルブロム、アメトクトラジン、グルホシネート、シメコナゾール、フルピラジフロン、フルミオキサジン、メタアルデヒド、メフェントリフルコナゾール
 ●動物用医薬品
 ジクロキサシリン、セフロキシム
 ●動物用医薬品及び飼料添加物
 アンプロリウム
2 カカオ豆の検体部位について、フルピラジフロンに係る試験を行う場合の記述が追加されました。

【適用期日】
 告示の日〔令和5年10月18日〕から適用。ただし、一部の食品に係る残留基準値については、告示の日から起算して1年を経過した日から適用する。

〔新規収載〕
○食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件について(令和5年10月18日健生発1018第2号)
〔改正法令〕
◎食品、添加物等の規格基準(昭和34年12月28日厚生省告示第370号)

※省庁別の制度動向や法律改正の詳細な内容はこちら(食品表示コンシェルジュ)

bnr_500_kikaku_maker.png 記事下バナー

注目のキーワード

すべてのキーワード

業界

トピックス

地域