卸向け ?接触営業?受発注システムのタノム、「IT導入補助金2024」の 支援事業者としての採択決定

掲載日: 2024年03月26日 /提供:タノム

卸業界における営業?受発注デジタル化を通し、接触レスな経営を支援


卸業者の販促?受発注システム『TANOMU』(タノム)を提供する株式会社タノム(本社:東京都渋谷区、代表取締役:川野秀哉、以下 当社)は、「IT導入補助金2024」に支援事業者として採択されました。同時に『TANOMU』が 補助金対象の ITツールとして採択されております。

インボイス制度に対応した企業間取引のデジタル化推進を目的する「インボイス枠 (インボイス対応類型)」でのクラウドサービス事業者としての認定で、『 TANOMU 』導入時の費用が最大3/4の補助率でクラウド利用料が最大2年分支援されます。なお、タノムはIT補助金事業者として6度目の採択となります。

【『 TANOMU 』とは】 URL : https://lp.tano.mu/
『タノム』は飲食店や理美容などの店舗と食品卸売業者間の受発注をPCやスマートフォンで管理可能な、?接触営業・受発注管理システムです。

少子高齢化による労働人口の減少や経済の縮小が社会的な問題となっている昨今、デジタルトランスフォーメーション(DX)は 、卸売業界におけるサプライチェーンの効率化・競争力の向上を実現する重要な要素となっております。
このような背景から、業界全体で業務の効率化とともに、デジタル販促ができるシステム導入による売上の拡大ニーズが高まっており、『 TANOMU 』が提供してきた受発注のデジタル化及び?対面での営業活動のための機能(ユーザーの登録するLINEアカウントへの一?・個別のメッセージ配信や、おすすめとして売り切りたい商品を登録・案内できる機能)が評価され、多くの卸売企業に導入・活用していただいております。
タノムで業務のデジタル化を行うことにより、卸業者が従来、対面・電話・FAXで行っていたアナログな受注業務や新製品のお知らせ、発送日のイレギュラーに関するアナウンスなどをスマホ1つで行うことができるため、?対面営業の確立と並行した抜本的な働き方改革・営業改革が可能です。

【「IT導入補助金2024」に関して】 URL: https://it-shien.smrj.go.jp/
事業目的・概要


IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートするものです。
補助対象者


中小企業・小規模事業者等(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)
『 TANOMU 』を導入する場合の補助額


導入費用のうち、350万円までの補助申請可能額のうち、補助額50万円以下で補助率3/4(小規模事業者は4/5)、補助額50万円超については補助率2/3の補助金申請が可能です。また、クラウドサービス事業者としての認定のため、最大2年分が補助されます。
2023年度からの主な変更点


インボイス枠において小規模事業者への補助率が最大4/5まで拡大されています
※補助額50万円超の際の補助率は、補助額のうち50万円以下については小規模事業者は4/5(中小企業は3/4)、 50万円超については2/3となります。
タノムでの申請サポート体制


当社は今年で事業者として6度目の採択となります。その実績を最大限に活かし、また前年度の情報も踏まえながら、補助金申請について細やかにサポートをしてまいります。

【株式会社タノムについて】
所在地 :東京都渋谷区千駄ヶ谷5-6-7 トーエイ・ハイツ 1A
代表者 :川野 秀哉
事業内容:WEBサービスの運営・開発事業
サービス開始日:2018年11月1日
URL:https://lp.tano.mu/
サービスに関するお問い合わせ:https://lp.tano.mu/contact/

bnr_500_tanomu.png 記事下バナー

注目のキーワード

すべてのキーワード

業界

トピックス

地域